キャッシングを初めて行う主婦の方へ

主婦の方でお金が必要になった時、どういったところでお金を借りれるのでしょう。

 

お金を借りられる金融機関は、主に「銀行」「消費者金融」「信販会社」などがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

まず「銀行」ですが、銀行では預金口座のキャッシュカードにローン機能が付いているカードローンが主流です。融資額も1万円くらいから大口融資だと500万円くらいまで借りることが出来るものもあります。銀行のカードローンですが、特徴としては金利が安いこと、その分審査が厳しく誰でも借りれるということではありません。審査の時間も他に比べると長く、独自の審査基準を持っているのが特徴的です。最近では、インターネットバンクと呼ばれる、実際の店舗を持たずにネット上でお金の貸し借りが出来る銀行も存在します。窓口などが無いため人件費が削減でき、その分金利が低く設定できるというメリットがあります。

 

次に「消費者金融」ですが、いわゆるノンバンクと呼ばれる金融機関になります。一昔前はサラ金や闇金と言ったマイナスな響きを持っていましたが、最近は利用者も多くなってきていてCMや電車の中づり広告でもよく見かけるので、利用しやすくなってきています。
消費者金融の特徴は、担保や保証人などが必要なく、審査も比較的緩いという点です。借りやすい条件になっていますが、その分金利が高く設定されているのが特徴です。申込みも来店が必要なく、インターネット上や無人契約機などから行えるので、直ぐにお金が必要な人にとって、とても便利になっています。

 

「信販会社」はクレジットカードにキャッシング機能が付いていて、ショッピング枠とキャッシング枠とあり、それぞれ上限が決まっています。その範囲内であれば、何度でも利用することが出来ますので1枚持っているととても便利です。