主婦はお金が借りにくくなるって本当?

2010年6月にキャッシングに対する法律が改正されましたが、その改正法と主婦の方の関係を見ていきましょう。

 

そもそもこの法律は、安易にキャッシングを繰り返し多重債務者になり返済が出来なくなってしまうという人や、自分の環境に見合わない多額な額を借り入れて返済できなくなってしまうというような人が急増したため、無理のない返済をしてもらうよう、法律が改正されました。変更内容としては、自身の年収の3分の1までしか借り入れが出来なくなったということ。この法律によって年収が少ない人は必然的に借りられる限度額が低くなりますね。

 

では、主婦の方とこの法律の関係はと言いますと、主婦の方でも社員、パート、アルバイトとして安定した収入がある人であれば、特に問題なく今まで通り、銀行や消費者金融からも借り入れすることが出来ます。ただし、年収の3分の1までですが。

 

問題は収入がゼロの専業主婦の方です。専業主婦の方でも借りれることは借りれるのですが、用意する書類がネックになってきます。その書類とは、配偶者の方の同意書、結婚を証明する書類、配偶者の方の年収が確認できるもの、などです。

 

こういった手続きの面倒さから、消費者金融の方で専業主婦への貸付も行わなくなったところがあります。

 

もし、専業主婦の方で旦那さんが承知している場合は書類の用意も可能かと思いますが、旦那さんには知られたくない・・・という方はどうすればいいのでしょう。

 

誰にも知られずお金を借りたいという専業主婦の方は、銀行のカードローンを利用しましょう。実は、今回の貸金業法の改正に伴う総量規制ですが、銀行には適応されていないんです。消費者金融ですと、この法律に基づかないとダメですが、銀行からの借入であれば法律は適応されませんので、今まで通り同意書など必要なくお金を借りることが出来ます。